雨の日のくじらコーヒー

好きなことをぽつりぽつり。

春酒


先日、職場の20代の女の子達2人と飲み会をした。なぜだかご指名で誘われたのだ。なぜだか本当に分からないけれど。


日本酒が好きだと2人とも言うので、日本酒を心から愛する私も日本酒を飲んでいた。



彼女たちはまだ20代前半。

下手をしたら、私の娘と言ってもいいくらいの年齢だ。

そんな世代と一緒に仕事する年齢になったんだなあとしみじみしながら日本酒を飲んでいたら、店員さんから「お酒強いですね!」と言われて、裏メニューの日本酒リストを見せてもらった。


桜色の日本酒に23歳が反応し、注文。一口もらうと甘いにごり酒。春だ。


2人は恋の出会いがないという話を始める。

もう、あきらめてる、独りで生きていくと一人が言い出す。


いやいや。あなたたちはまだあきらめるには早過ぎる。最初から壁を作る必要は無い。

たくさんたくさん経験してから、それからどうしたらいいかは考えたらいい。

それにおそらく、きっと何かは起こるから。長い人生、何が起こるかわからないから。


私だって、結婚して離婚して、いろんな男性と付き合った挙句、今こうして一人でいるなんて全く想像していなかった。

ただひたすら、きちんと自分が後悔しないように生きていきたいってだけで、離婚してからは生きてきた。

私の人生が面白く展開したのは30代に入ってから。そして40代はさらに楽しい。


彼女たちも自分の人生を自分で選んで生きていってほしいなあと思う春の夜でした。

そして若い世代に、少し説教じみたことを考える年齢になってしまったのだなと、しみじみした春の夜でもありました。