雨の日のくじらコーヒー

好きなことをぽつりぽつり。

石橋を金づちで叩きまくる

 身体を鍛えている人が、「自分の身体を鍛えれば鍛えるほど結果が見えるから楽しい」と言うことがある。『結果にコミット』というトレーニングジムもあったような。
食べ物や運動に気を付けると、ぶにぶにの身体がメキメキと引き締まり、メリハリボディが我が身体になる。自信にもなるし、自分の引き締まったお腹を見るのはさぞかし気持ちいいだろう。


ではメンタルはどうだろう?メンタルも鍛えられる?
私は、鍛えられると思っている。


 離婚するまでの私は、かなり貧弱ガチガチメンタルの持ち主だった。「豆腐メンタル」というコトバがあるが、私のソレは「砂糖コーティングされたおぼろ豆腐」みたいなもので、かなりの甘々グズグズっぷりだった。「石橋を叩いて渡る」と言うけれど、「石橋を金槌で叩きまくってひびを入れた挙句、ほらやっぱり危なかったんだ!」と肩で息を切らせながらやっぱり渡らないような人間だった。


 でもいくら甘々おぼろ豆腐でも、離婚して一人で食べてかなくちゃならない!となればグズグズしたり、金槌を握りしめてはいられない。専業主婦だったから、仕事探しからしないといけない。


 そこで、おぼろ豆腐なりに考えた。せっかく振り出しに戻ったんだから、やりたいことやったらいい。今まで金槌のせいで、あれやこれやとやらないで終わり、たくさんたくさん後悔してきた。もう一生分の後悔ノルマは達成したはず。だから後悔はしないように、後悔が少ないように生きよう!


 そう思ったら、怖くて運転できなくてペーパードライバーだったけれど、車で1時間のやりたかった仕事につくことで運転度胸がついて、一年後にはあちこち300kmくらいはポンコツ軽自動車でドライブするようになっていた。


 そんなこんなでいろいろやっているうちに、「どっしりしている」と評されるほどのメンタルの持ち主になった。
 最近は「石橋を歩きながら考える」人間になっている。先に考えたってどうしようもないし、人生がどう転ぶかなんて全くわからないということを身をもって体験してきた。
「一寸先は闇」というけれど、「一寸先は光」かもしれない。そんなわからないことをグジグジ考えている暇があったら、好きなことをやってみた方がいい。後悔を少なくするには、自分の思ったことをやってみたらいい。やらない後悔よりやった後悔の方がいいというけれど、だいたい「やった後悔」なんてしたことがない。やらなきゃわからなかった、と失敗すら肯定できる。


 ある意味、どん底まで落ちたら、後は這いあがるだけ。


 私の座右の銘は「なるようになる」です。