雨の日のくじらコーヒー

好きなことをぽつりぽつり。

雨はともだち

 

本当に天気を操れるわけではないのに、「晴男晴女」「雨男雨女」という言葉が日本では普通に言われていて、「私晴女だから大丈夫!」と旅行前に自信を持って言っている人なんかもいる。


 私はこの2分類で行くと、確実に「雨女」に属する。だから「晴女」を豪語する友人の横で、「あ・・・、ごめん。私雨女なの」とためらいながら言うことが多々ある。大体晴女たちは「大丈夫!私が晴らせて見せるわ!」とどこから出てくるのかわからないけれど、晴パワーの圧倒的な自信で励ましてくれる。頼もしい限りだ。
 まあ、その後実際に旅行に行ってみたら、しとしと雨が降ったりなんかして、晴女に「あ~、凌子ちゃんの雨パワーに負けたわ」とちょっと嫌味をこめられたりして、実際には私が悪いわけではないだろう雨降り天気について「ご・・・ごめんね」と妙に責任を感じたりするわけです。なんとも理不尽。


 私は本当に人生の節目節目で雨と相性が良いというか、思い出は雨と共に、と歌になりそうなくらい、何かと雨と思い出が結びついていることが多かった。
 卒業式には必ず雨が降るし、結婚式も雨、離婚届を出した日も雨、就職すれば出社初日は雨。この中には卒業式が猛吹雪だったり、出社初日が台風襲来という激しい思い出も含まれている。
 旅行に行けば雨がしょっちゅう降るので、写真で旅行を振り返ると傘を持っていたり、曇り空の下で見通しの悪くなった景色を撮っていたりしている。


 これくらい雨と縁があると、逆に降らないといけないような強迫観念が生まれてきて、旅行で晴れていたり、新しい職場に初出勤する日に晴れていると「う~ん、何か悪いことが起こるのかな?」と心配になるくらいだ。刷り込みは恐ろしい。


 小さいころ、キャンディーの包み紙に誕生日に由来したどこかの国の守護神が書いてあって、私の誕生日は「パルジャニア」と書いてあり、その神様は雨の神様で、ものすごく、本当にものすごく納得がいった。
 今この記事を書くために改めてネット検索してみたら、私の幼い記憶は相当強烈だったせいか正確で、なんとこの神様はインドの雨の神様だった。あのキャンディ、どうしてインドの神様を引っ張り出してきていたのだろう。どこのメーカーのキャンディだったか、どんな味だったかは全く覚えていないけれど、雨の神様の名前だけは正確に私の中に刻まれていたようだ。


 とにかくこのインドの神様は私の中に深く刻まれ、いまだに雨の日にちょっと出かけなければならない時に「私が歩いている間だけ少しだけ雨を抑えてください」とパルジャニア神に祈ってみたりする。そうすると不思議なことに私が駅まで歩いている間は雨がやんだりすることがあるのだ。家の中で雨を眺めながら「土砂降りになれ!」と思うと、本当に土砂降りになったりすることもある。自分が雨をコントロールしているかのような錯覚にとらわれて、しばし楽しめる。まあ、いつもうまくいくわけではないし、当然普通に土砂降りの中を傘を差して足元をぐしゃぐしゃにして通勤することだって多々ある。
 でも私にとってインドの雨の神様はちょっと親しいような気がするのだ。


 そしてちょっと平和に「干ばつで苦しんでいる国に私が行ったら、少しは雨ごいの巫女として役に立てるかしら?」なんて妄想してみたりもする。本当に役に立てたらいいのだけれど。


 Facebookには「雨男雨女協会」というページがあって、日本全国でちょっとダムの水量が足りないというときに、「雨男雨女の皆さま、〇〇県××市が雨不足のようです。ご協力お願いします」なんて情報をUPしていたりする。私はこういうセンスが大好きです。よし、ちょっと私も協力してみようかな、なんて思ったりします。
 ぜひ全国の雨男雨女の皆さんも自分のちょっとした「雨力」を信じて、人生を楽しんでみてほしいなと思います。